スタッフブログ【視点を変えて、世界を広げる】

【視点を変えて、世界を広げる】

最近思ったこと。
人間って自分の視点に固執する生き物だなあ。

相手の視点から物事を見たり
相手の立場になって考えたり
やっているようで
実はできていない。

相手の言動に疑問を持ったり
違和感を感じたり
「なんでこんなことをするのだろう?」
と感じた時、

大概、その相手の視点から物事を見たり
相手の立場に立って、
その人がどんな気持ちでいるのか
追体験するに至っていない。

個々の経験、バックグラウンドは
それぞれ異なるから
100%相手と同じことを考えたり感じたりすることは
難しいかもしれません。

でも、理解しようと努めることは可能だし、
その姿勢は大切なんじゃないかな?

ずっと理解できなかったこと
疑問に思っていたことが
最近急に「あ〜、そうか。」と
腑に落ちました。

そして、自分が
「自分だったらこんな時どう考えるか、どうするか」
ということに拘っていたことに気づきました。

あ〜、自分の視点に凝り固まっていたなと
思った瞬間でした。

自分だけの視点に、何年拘り続け
その間、相手を理解するという姿勢を放棄して
相互理解というチャンスを失っていたんだろう?

ようやく気づけたことに感謝!だけど、
長い間自分の狭い視野に閉じこもっていたことで
失ったチャンスもたくさんあっただろうなと
思います。

それでもね、
今回よ〜くわかりました。

人間とは自分自身の視点に
ともすると、凝り固まって
本当はもっと豊かに広がる世界に
気がつかないものなんだって。

自分の視点や感じ方を無視しようという話では
ありませんが

別の角度から物事を見たり感じたりすることも
とても大切なことだし、

そうすることで自分自身の世界も広がり
相手の世界も共有することで
より一層豊かで優しい世界を
共に創造してくことが可能になると
思うのです。

いつもお読みいただきありがとうございます。
このメッセージを必要としている人に届きますように。

関連記事

  1. スタッフブログ【他人の意見に囚われるのをやめる】

  2. スタッフブログ【自分の中のもう一人の自分を癒す】

  3. スタッフブログ【あきらめないで】

  4. スタッフブログ【自分自身の心地よいポイント】

  5. スタッフブログ【会話から対話へ】

  6. スタッフブログ【頭で考えて予測しても…】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。