スタッフブログ【自分に優しく接すれば世界も優しく接してくれる】

【自分に優しく接すれば世界も優しく接してくれる】

私の周りには
真面目で
誠実で
頑張り屋さんが
とても多いです。

頑張ってるね!
よくやってるね!

心から労いのお声をかけたくなります。

ただ、時に気づかないまま
自分に対してとても厳しくなっていることが
あるのです。

もっとできるはず
もっと頑張らなくては
私がやらないと周りに迷惑をかける
これができないと誰かを悲しませてしまう

そう自分に鞭を打って
限界まで
いえ、限界を超えて
血塗れになって頑張り続けている。

過去には私も昭和のド根性精神で
文字通り歯を食いしばって
自分に鞭を打って
もっと頑張らなきゃ〜って
やっていました。

それが何をもたらしたか?

自分に厳しい現実です。
もっともっと一生懸命
頑張らなくてはいけない
しんどい現実です。

歯を食いしばるのが
習慣化して
歯軋りで歯が欠けました。

歯が欠けるって
「もういい加減に
歯を食いしばって頑張るのを
やめなさい。」
ってことよね。

そうなんですよ。
自分に厳しく接すれば接するほど
周りの世界が厳しくなる。

限界に達するまで
気がつかなかったな〜。

自分に優しく接することが
できるようになって
世界も優しく接してくれるようになりました。

習慣って結構頑固なので
今でも気づいたら
自分に厳しくしている時もあります。

でも、それに気づけるようになったし
気づいたらワンテンポおいて
一旦立ち止まって、深呼吸をして
必要な休養をとったり
自分自身に労いの言葉をかけたり
することができている今があります。

周りの世界が
しんどいな
厳しいな
と思ったら

自分自身が自分に厳しくしていないか
無理を強いていないか
立ち止まって観察してみてください。

外の世界は自分の内側の投影。

外の世界が厳しいときは
自分に対しても厳しくなっている時。

外の世界が優しければ
自分に対しても優しく愛情を持って
接している証拠。

疲れたら休んでいいんだよ。
自分一人では無理だったら、助けを求めればいいんだよ。
できたことを祝福すればいいんだよ。
よくやっている自分に「ありがとう」

自分に優しくしていいんだよ。

いつもお読みくださりありがとうございます。
このメッセージを必要としている人に届きますように。

関連記事

  1. スタッフブログ【自己肯定感がUPする5つの方法】

  2. スタッフブログ【自分の中のもう一人の自分を癒す】

  3. スタッフブログ【存在しているだけで誰もが価値のある存在】

  4. スタッフブログ【自分を育てる】

  5. スタッフブログ【自分専用羅針盤を頼りにする】

  6. スタッフブログ【本当にやらなくてはいけないこと】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。